2017年1月16日月曜日

Purple Mania


Happy 2017, Friends!! 

I'd like to celebrate a new year with my favorite color....Purple.

初夏を告げるリラの薄むらさき、こっくりと芳醇なボルドー、夜明けの空のモーヴ色....

差し色を選ぶ際になぜか無意識に手に取ってしまうのが紫のカラーパレット。

ジュエリーとなると中々これ!という1点に出会えずにいたのですが、

パープルマニア(&石マニア)の念力が通じたのか、現在サロンには2点の

極上の紫のカラーストーンが集っています。


Let's start with this killer Art Deco amethyst ring c.1925. 



With it's distinctive red fire, this rich, noble amethyst color reminds 

me of that of "Siberian Amethyst" legendary amethyst from Siberia 

which won over Catherine the Great.





まずは今まで持っていたアメシスト(紫水晶)のイメージを覆されたこちらの

アールデコアメシストリングから

びろうどを思わせるこっくりとした深い紫色のボディーカラーの中に

紅の炎がちろり、ちろりと揺らめきます。

通常のアメシストがスーパーで売っているパック入の葡萄ジュースなら、

この石は一級畑から採れた完熟葡萄を絞って作った濃縮還元ジュース。

何と言いますか、色(味)の質と密度がまったく違う!

ロシアの女帝エカテリーナがこよなく愛したシベリア産アメシストにちなんで

最高品質のアメシストに冠される色名が 

”Siberian Amethyst color(サイベリアン・アメシスト・カラー)”。

オリジンの鑑別は取っていませんが、まさにそのサイベリアン・アメシストの色を

想起させる素晴らしいアメシスト。

石の奥にひらめく赤の光のモザイクにひとたび捕われると、そのまま深い紫の淵の中に

絡めとられてしまいそうな蠱惑的なアメシストのリングです。



The other purple princess is this delicate mauve sapphire.

Set in Art Deco style "starry-heaven" diamond dome mount, 

this delicate 1.61ct move-colored sapphire literally blooms on your fingers.

Accompanied by GRS certificate stating the origin as Burma 

with no indication of heating.



曙のピンクにほんの少し夜明けの蒼を溶かしこんだ紫のあわい、

刻々と表情を変える暁の空の一瞬を切り取ったような何とも言えない

デリケートなモーヴ色のビルマサファイア。

細かなダイヤモンドのシュガーをちりばめた繊細なガトーを思わせる

アールデコスタイルのマウントがサファイアの甘やかな色に寄り添い、

はんなりとした印象を醸し出しています。

キラキラとしたクリスタル感の中に肉眼では見えないミクロレベルの

霞状のシルクインクルージョンがもたらす柔らかな表情が

同居しているのは非加熱のお石ならではの景色と言えるでしょう。

ルビーの赤やブルーサファイアの青を顔料に例えるなら油絵の具。

色にずっしりとした重厚感があります。

対するこのサファイアの紫は水彩絵の具、色に潤いと軽やかさがあり、

肌にのせた時にすっとなじみます。

繊細な四季のカラーパレットを解する日本のお客様へ、と

ジェムハンターEが特別に取り置いてくれていたとっておきの紫。

ここ日本で良い方に巡り会えるよう、密かに念じています。


 

★こちらのサファイアリングは下記リンク先からお求め頂けます★

Now available at our online store:

http://victorianbox.shopselect.net/items/5143472




クリスマスにサロンを訪れたサンタさんに頂いた
美しいパープルのグラデーションのブーケとともに。
Sさま、なぜ私の大好きな色が分かってしまったのでしょう??
ありがとうございます!!





[プレゼントのお知らせ]



このようなマニアックな辺境ブログにお越しいただいている皆さまに

感謝の気持ちを込めて、ささやかなプレゼント。

スタッフNが10年程前に購入して以来、ずっとストックで所有していた

私物のアメシストのルース(裸石)を抽選で一名様に差し上げます。

お名前とこのブログへの簡単な感想、リクエスト

(こんな商品を紹介して!など何でも構いません)添えて

1月末日までに下記のメールアドレスまでご応募ください。

salon.victorianbox@gmail.com


ほぼ日更新のInstagramとは異なり不定期の更新にはなりますが、

今年も自分が美しいと想う物を自分なりの言葉に紡いで

ご紹介していきたいと思います。



******************************************************************************

For further details, please feel free to email us:



salon.victorianbox@gmail.com




お問い合わせは下記メールアドレスまでお願い致します。


salon.victorianbox@gmail.com










2016年10月9日日曜日

Opal ring for the poet



'The sky was pure opal now' said Oscar Wilde.

Sunset-orange, aurora-green, sky-blue and dawn violet.....

Nature color pallet all in one in this Victorian opal ring 

framed with old mine diamonds and cranberry-red rubies. C.1890

I'm pretty sure that Oscar would have cherished this Victorian beauty 

if he had had the chance to see her....


Now available at our on-line store: 




For further details, please feel free to email us:


salon.victorianbox@gmail.com



オパール月の10月に合わせたようにイングランド南東部の

小都市サリーから届けられた美しいヴィクトリアンのオパールのリング。

夜明けの薄紫、曙のピンク、まどろむ春の空のブルー、

オーロラのネオングリーン、夕焼けのオレンジ….

半透明の優しいミルキーグレーのボディーカラーの上に

色とりどりの色斑が指を動かすたびにふわりふわりとたゆたいます。

見る角度によって異なる色彩が刷毛でさっと一塗りされた

フラッシュのようにひらめき、刻刻と表情を

変えていく様は良質のオパールの証。




このリングが製作された19世紀末に生きた耽美派の詩人、

オスカーワイルドは 'The sky was pure opal now.’ と

移ろう空の表情をオパールに例えていますが、

オパールの美しさの真骨頂は見る角度や光によってドラマティックに

変わるその色彩のうつろい(Play of colour :遊色効果)にあります。

このオパール特有の光のイリュージョンは石の中に封じこめられた

太古の水の粒子の配列の妙によってもたらされるもの。

その美しさは自然と年月が手に手を取り合って描いた

抽象絵画のようにも見えてきます。

折しも芸術の秋、掌に極小絵画を飾ってみるのも

オツな物ではないでしょうか。



アンティークのオパールのジュエリーにはこのリングのように
オパールにルビーの赤やデマントイドガーネットの翠を合わせた
作品が数多く見られます。オパールの中に存在する色を拾い、
よりその色彩が輝くように宝石でメイクさながらに色を足す、
その柔軟な西洋的色彩センスには脱帽!!







先日遭遇した宝石のような秋の夕焼け。
オスカー・ワイルドもこの空を見てオパールを
イメージしたのかも....と想像したくなるほどの
切ない美しさに満ちています。






★オパールリングはこちら↓で販売中です★





============================================================



お問い合わせは下記メールアドレスまでお願い致します。


salon.victorianbox@gmail.com








Instagram:@ferronniere











2016年9月18日日曜日

Gibbous Moon Diamond Pendant

Belle Époque style Old mine-cut diamond twin pendant 
accented with vivid purplish-pink diamond.
Crafted in platinum.



For further details, please feel free to email us:

salon.victorianbox@gmail.com





”待宵月と夜桜”

出来上がりを見た瞬間、思わずそんな銘が浮かんで来たペンダント。

満月の前日、ほんの少し縦にたわんだ14日の月とまろやかな月影の下で

昼間の可憐な姿とは一変した妖艶な表情を見せる夜桜。

そんなイメージがふっとたぐり寄せられました。


現代のブリリアントカットは例えるなら煌びやかな人工のネオンライト。

オールドカット特有のふっくらとした厚みとおっとりと大らかなカットが

魅力のオールドマインカットダイヤモンドに光は飾り立てるような

雅さの代わりに心を照らし出す月光のような静謐とぬくもりがあります。

ct越えの大粒石ももちろん素敵ですが、日常に寄り添ってくれるのは

こんなさりげない上品なサイズ感のペンダント。

アミュレット(お護り)代わりに毎日着けたくなる one and only の

オールドダイヤモンドの魔法を是非お試しください。


★こちら↓で販売中です★



ご売約です。ありがとうございました。


*********************************


大粒ダイヤモンドのイメージが強いヴィクトリアンボックスですが、

このペンダントのようにハーフキャラットサイズのお石も5ct越えの石と

同様に真剣に吟味を重ねてセレクトしています。

最終的なチョイスの基準は所謂4Cではなく一重にその石が魅力的かどうか。

もちろんペーパー(グレーディングレポート)も考慮しますが、

いくらペーパーの点数が良くてもオーナーが実際に眼で見て

心を惹かれない石は買い付けません。

そんな独自のセレクト基準をくぐりぬけてヴィクトリアンボックスに集う石は

どれもしっかりとした”貌”を持つ個性派のダイヤモンドばかり。


最近ではダイヤモンドのテーブルにわざわざIDナンバーを刻んで

石のアイデンティティーを声高にアピールするブランドさんも有るようですが、

そんなダイヤモンドを傷モノにする整形手術まがいの暴挙に出るくらいなら

どこを切っても同じ金太郎飴的なラウンドブリリアントカット一辺倒の

マーケティングを再考すれば良いのに…と

会心作のオリジナルペンダントを横にニンマリとしているスタッフNです。


※ちなみに気になってGIAに問い合わせたところ、
テーブルへのレーザー刻印は10倍拡大のルーペで
深さが確認できなければクラリティーグレードへの
影響は無い、とのことです。
でも、10倍ルーペで確認できないような”IDマーク”など
そもそもブランドの自己満足に過ぎないのでは…(苦笑)




============================================================



お問い合わせは下記メールアドレスまでお願い致します。


salon.victorianbox@gmail.com








Instagram:@ferronniere